社労士/社会保険労務士 独学 勉強法、学習法、テキスト、基本書

試験の1週間前、前日、当日

(1)1週間くらい前から
@当然ですが、体調管理は大切です。カゼをひくとか、おなかをこわすことは無いよう注意が必要です。
A集合時間の30分前に試験場につくよう電車の時刻表を調べておく。
B着ていく服を決める。エアコンの関係もあるので、重ね着できるような服装です。
C試験場に持っていく資料、身の回り品を、決めておく。
私は、基本書とサブノートでした。受験票、筆記用具はもちろんです。
(筆記用具は、マークシート用専用鉛筆というのも売っています。マークを変更した時に、前のマークが充分消えていなかったので、読み取り機が誤って読んだという情報もあります。専用鉛筆の方が安心です。)

(2)前日
いつも通りに勉強すること。最後まで模試の問題を繰り返してください。
私の場合、勉強のスケジュールがきつかったので、「緊張している余裕が無い」という状態でした。「まだ、これもあれも手をつけていない。」と考えるのは無駄です。いつも通りに勉強して寝る、ということです。
当然、不安になってくるでしょうから、次章の(2)を普段から練習しておきましょう。
(3)当日
朝、脳が働くように、ビタミン剤を飲みました。(気分の問題かもしれません)
昼ごはん、は決して食べ過ぎないように。
私はコンビニのおにぎり1個とお茶にチョコレートです。チョコレートは頭の疲労回復です。ビタミン剤を、又飲みました。
昼休みは、サブノートをながめていました。試験中のトイレ、手洗いは頭のリフレ
ッシュに有効です。疲れてきたら、遠慮せずにトイレに行きましょう。

試験の1週間前、前日、当日関連エントリー

社労士独学 予備校・過去問
平成20年の社会保険労務士に独学で合格しました。試行錯誤、悩みましたが、ゼロから約5ヶ月で合格しました。勉強方法、テキストの選び方等をまとめました。独学者を応援します。

お勧め基本書・問題集 社労士予備校の活用 ブログ 社労士独学 サイト運営者 ご質問受付