社労士/社会保険労務士 独学 勉強法、学習法、テキスト、基本書

社労士独学 無料の教材で勉強開始

社労士を目指し勉強を始めたころ、社労士の仕事の現実を知りたい?と思ってパンフレットを集めました。

 

まず、社会保険事務所に行きました。そこには、その地区の社会保険労務士の名前が掲示されています。

 

健康保険、年金関係のパンフレットがたくさんあります。「こんな分野のプロになるわけだ」と感じます。

 

一般の人が簡単に入手できる情報です。

 

 関係する行政機関の知識がはいって、社会保険労務士の関係する仕事が少しずつわかります。

 

時間のあるとき、いつでもいいですから、本格的に受験勉強にはいる前にやっておいたら役に立ちます。

 

(1)年金事務所に行ってみる。

 

年金事務所に行くと、申請する人向けに、いろいろパンフレットが置いてあります。申請する人のための パンフレットです。わかりやすく書かれています。

 

   年金機構の配布パンフレット

 

よく出来た、誰にでも分かり易いパンフレットです。もしわからない場合は質問しましょう。職員の方が、丁寧に教えてくれます。 
1度も行ったことの無い人は、将来関係が深くなる社会保険事務所へ行って、事務所の雰囲気を味わうことをお勧めします。  

 

ハローワークにも行かれることをお勧めします。求職の方の多いのに驚かれるでしょう。求職者向けのセミナー、職業訓練の案内などが置いてあります。
職業訓練は、今、存続が問題になっている「雇用能力開発機構」が運営しています。

 

 

(2)HPで情報集め  

 

ハローワークのHPから
失業保険の受け方が説明されています。
   失業保険

 

(3)パソコンで「社会保険労務士事務所」で検索する。

 

いろんな事務所の画像が出てきます。将来、の目標になります。イメージも出来るでしょう。

 

(注意!)インターネットでの情報収集は役に立ちますが、インターネットを見るのはほどほどにしましょう。すぐ時間が経ちます。

 

いろいろ、社労士に関する情報を集めるよう心がけました。仕事が少しずつイメージできてきますし、試験での一般常識対策になりました。

 


お勧め基本書・問題集 社労士予備校の活用 ブログ 社労士独学 サイト運営者 ご質問受付